【手指消毒器レビュー】自動で同時検温もできるK9Proの使い方や特長をお伝えします!

グッズ&玩具

毎日の検温、ちょっと大変・・・

こまめに除菌・消毒をしたいが、ちょっと面倒・・・

検温と除菌・消毒が同時にできる、非接触型のディスペンサーがあったらいいなぁ・・・

同時に検温と消毒ができるグッズを発見しました!

この記事では、非接触型の自動温度測定消毒器【K9Pro】とその使い方、特長、レビューをお伝えします。

便利で、使いやすく、金額的にも魅力的なグッズです!

100均グッズで作れる飛沫感染防止のパーテーションの記事はこちら↓

スポンサーリンク

非接触型の自動温度測定消毒器 K9Pro

こちら、非接触型の自動温度測定消毒器です。

赤外線で検温ができるディスペンサーです。

グッズの特長

・赤外線温度センサーで、接触せずに体温測定ができる

・検温と消毒が同時にできる

・使用電池はUSBも対応できる

・ドラッグストアで売っている一般的な消毒液が使える

詳細についてお伝えいたします。

赤外線温度センサーで、接触せずに体温測定ができる

ディスペンサーに触れることなく、検温ができます。

感覚的に1秒程度で、ディスプレイに体温が表示されます。

検温と消毒が同時にできる

最大の魅力は検温と消毒が同時にできるところ。

手をかざすと、自動で消毒液が噴射される仕組みになっています♪

使用電池はUSBも対応できる

使用電池はUSBも対応しています。

近くにコンセントがない場合には、モバイルバッテリーを使えば、いろいろな場所でも置けます。

もちろん、乾電池OK。

単3乾電池で4本です。

電池を取り付ける箇所は、背面にあります。

穴があいていて、壁掛けも対応できる。

スタンドのような置き方や、壁掛けもできます。

ドラッグストアで売っている一般的な消毒液が使える

消毒液は専用のものではなく、ドラッグストアで売っている一般的な消毒液が使えます。

ランニングコストはあまりかからないと思います。

スポンサーリンク

K9Proの使い方は? <設定の仕方について>

海外製(中国)のため、説明書は英語で書かれています。

写真付きで、使い方を紹介いたします。

設定① 摂氏・華氏

摂氏、華氏のいずれかを選択します。

摂氏の「C」を選びます。(「F」は華氏)

設定② 体温測定・カウントモード・表面温度測定

体温測定(body mode)・カウントモード(counting mode)・表面温度測定(surface mode)より、体温測定を選びます。

ディスプレイに表示された<bod>を選びます。

ちなみに、カウントモードは回数を、表面温度測定は体温以外のモノを測定するときに使います。

設定③ アラーム

アラームが鳴る温度を設定します。

36℃~39℃の間で0.1間隔で設定ができます。

例として、37.2℃で設定

設定④ 音量

アラーム音、音声の音量を調整します。

消音モードがあるので、音を鳴らさないこともできます。

設定⑤ 音声の言語を選ぶ

音声機能があるため、言語を選びます。

日本語もあります。

日本語モードを選ぶと、「正常」と音声が流れます。

音声モードを切る場合は、ボリュームを0(=消音)にします。

設定➅ 噴射時間(噴射の水量)

噴射の時間設定を調整します。

最大2秒間、噴射することができます。(2秒だとかなりの水量になります)

スポンサーリンク

使ってみた感想は?

使ってみて、よかったところは、

なんといっても、検温と消毒が同時にできるところ!

逆に、使いにくいと思えたところは、

BADなところ

・海外製のため、取り扱い説明書は英語

・手のひら、手首で検温をするので、体温は低めに出やすい

・少し大きいので、置く場所に困るときも

海外製のため、取り扱い説明書が英語であるため、使うまでに少し戸惑うこともありました。

設定が単純なので、分かれば、使い方そのものはカンタンです。

正確に検温しようと思うと、赤外線にあてる場所が手のひらだったり、手首になるので体温は低めに出ます。

例えば、この解決策としては、高温になったときに鳴るアラームの設定温度を低めに設定して、アラームが鳴れば、別の体温計で測ってみてはどうでしょうか。

また、家庭用として使うには、少し大きなサイズ感です。

例えば、検温と消毒が必要で、子供たちが集まる塾などには最適かもしれません。

その他のディスペンサーの中には3万円以上する高額なものも多いので、このグッズはもう少し安価で、金額面でもおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました