絵本読み聞かせの悩み これは困った 絵本を破ってしまうとき!

絵本&読み聞かせ

特に0歳~1歳台にかけて絵本をビリビリと破いてしまい、困ってしまいどう対処したらよいかと頭を悩ませてしまうときはありませんか?

我が家でも絵本を破ることはしばしばありました。

上手に対処しているママ友などのアイデアを聞いたものなど紹介いたします。

スポンサーリンク

ビリビリと破ったことを思い出にするコツ

子どもにとっては身近にあるもの全てはおもちゃの一つに感じるもの。

そのような遊びとして絵本を破ってしまうことは一度だけでなく何度も起きることだと思います。

その出来事を、いっそのこと思い出として捉えてみてははいかがでしょうか。

絵本をビリビリと破ってしまった後、補修するときに日付を書き添えておく。

これはママ友から聞いたアイデアでした。後で見返すと出来事が思い出になります。

我が家では破れた後は、セロハンテープのみで補修するだけでしたが、今となったら大切な記憶が辿れる宝物です。

スポンサーリンク

絵本ではない新聞などで破りたい気持ちを満たす

特に、1歳過ぎの指先の動きが器用になり始めた頃、たまたま破ってしまった絵本のページの感触や音が気に入って破り続けることがあると思います。

きれば、絵本ではないもので、破りたい気持ちに応えてあげたいですね。

例えば、新聞やチラシなど。絵本ではないもので破りたい気持ちを満たしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

しっかりと叱ったほうがいい?丁寧に扱うものとして、どう伝えたらいい?

絵本を破ることが癖となって、その後も絵本に限らず何でも破ってしまうのではないかと思います。

できれば、叱りたくないものですね。(必要があれば、叱ることは大切です)

例えば、子どもの目の前で絵本の補修をするところを見せながら「大切な絵本がかわいそうだね」と伝えると、響くこともあるかもしれません。

絵本を破ってしまう時期は、それほど長くは続かないケースが多いようです。

1歳台までは、図書館で絵本を借りるよりは買ったほうが気持ち的にラクですし、また、やぶれにくい厚めの絵本を選んでみてはいかがでしょうか?

例えば、「じゃあじゃあびりびり」「だあれかな」といった絵本です。

スポンサーリンク

破ってしまう代表の一つ 表紙ってどうしているの?

表紙は特に破れやすいですね。

また本棚から取り出したとき、絵本を開いたり閉じたりするときに、はがれた拍子で破れることはしばしばあります。

我が家では絵本を買ったときに、すぐに表紙をはがしてしまいます。そのことだけでも、ストレスがなくなります。

絵本は、表紙をはがしても同じ絵柄になっているのが特長です。

表紙は大切に保管しているご家庭もあれば、絵本の表紙で紙バックを手作りしたり、パズルを作ったりしているご家庭もありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました